So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

奥祖谷二重かずら橋 [徳島県]

奥祖谷二重かずら橋へ。

徳島にはかずら橋が2つあり、祖谷のかずら橋と奥祖谷の二重かずら橋がある。
祖谷のかずら橋へは昨年行った。
DSC_0588.JPG

DSC_0603.JPG

人力でロープを手繰り寄せて川を渡る、野猿という籠が人気。
DSC_0593.JPG



剣山 [徳島県]

剣山は、標高1955mの山で、西日本では2番目に高い。

徳島県のシンボルともされており、徳島にいるなら1度は登りたい山なんだろうか、夫が登りたいと言い出した。

私は山登りに何の興味もないというか、嫌い。
家族の誰も山登りしたことないので、登山グッズなど何1つない。
普段着で登った。

1750mまではリフトで。
登山家はもちろん下から歩いて来る。
DSC_0560.JPG

リフトを降り、30分で剣山山上ヒュッテに到着。
ここでお昼ご飯休憩。
ここから山頂まで、強風で激寒いので行きたくないと私が渋るも、10分ほどで山頂に着いた。
天気予報では晴天なのに、山の上は小雨と霧で何も見えない。
DSC_0563.JPG

DSC_0570.JPG

もちろん帰りもリフトで。
DSC_0578.JPG


何とも残念な天気だった。
夫は天気のいい日にまた登りたいと言っていたが、私はもういい。



いやしの温泉郷 [徳島県]

1日目に宿泊したのは、いやしの温泉郷

奥祖谷は宿泊施設が少ないので、選択肢もあまりない。
落合集落の古民家に泊まるのも考えたが、3人で広い一軒家に泊まるのも何だか寂しいので、こちらの大きい施設にした。
DSC_0553.JPG

晩ご飯に祖谷そば、やっぱり出てきた。
DSC_0543.JPG



落合集落 [徳島県]

落合集落へ。

落合集落は、山の斜面に沿って広がる集落で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。
反対側にある展望台から望む。
雪景色は大変美しいところだ。

DSC_0536.JPG



奥祖谷観光周遊モノレール [徳島県]

GWに2泊3日で、徳島県の奥祖谷・剣山へ旅行した。

徳島市内から奥祖谷は遠かった。
高速道路が通っていないし、車がすれ違えないような細い山道をひたすら行く。
でも、行ってよかった。

奥祖谷観光周遊モノレールに乗った。

混んでいるときは2時間待ちもあると聞いていた、山の中の謎の乗り物。
10時に着いて11時半に乗れると言われて乗り場に行ってみるも、トラブルで止まったことにより30分遅れ。
結局2時間待った。
乗車時間65分、ひたすら山の中を走るらしい。
2人乗りなので3人家族の我が家は誰が1人になるか揉めていたが、子供が小さかったので3人一緒に乗れると言われ、ひと安心。
可愛いかぶと虫に乗り込む。
DSC_0505.JPG

手前の赤茶色のは、かぶと虫の角。
DSC_0508.JPG

こんな景色のところをひたすら行く。
見所は特にないが、あえて言うとすれば、頂上に出たところで見える剣山などの山々。
やることは、たまにすれ違うかぶと虫に手を振ることと、看板の付いている植物を確認することぐらい。
これといって写真を撮るようなものもない。
標高が高いので、5月なのに寒い。
驚くべきは、傾斜に合わせて椅子が傾くということ。
なので、かなり急な傾斜を行くのに、ジェットコースターほどはつんのめったり、後ろに反り返ったりはしない。
DSC_0511.JPG


リピーターはいないと思われるが、ぜひ1度は乗ってみて!
なぜこんなに待ち時間があるのかは、ただ単にかぶと虫の台数が少ないことと、前との車間距離をものすごくとっているから。



ボートレース鳴門 [徳島県]

徳島県鳴門市にあるボートレース鳴門へ。
いわゆる競艇場。

ボートレース鳴門は1年前にリニューアルして綺麗になっており、高速道路からいつも見えるというのもあり、ずっと行ってみたかった。
それに、知っている方が何とボートレーサーなのである。
その方が出場するときを狙って行ってみた。

マスコットキャラクターなるちゃんの、どでかいふわふわで遊ぶ。
CSC_0606.JPG

何だかよくわからないままレースが始まり、あっという間に終わってしまった。
後から知ったのだが、ボートレースというのは「よーいどん!」でスタートするのではなく、各自が決められた時間内にスタートラインを通過してレースが始まるのだそうだ。
DSC_0608.JPG
 
舟券は当たらないし、競艇のことを何も知らない子供は「もう終わったのー!?」と怒っていたが、私は楽しかった。




恐竜づくし [徳島県]

またもやあすたむらんど徳島へ。

「恐竜づくし」というイベントをやっており、お絵描きダイナソーというのをやる。
これはチームラボのじゃなくて、リコーのなんだけど。
時々ティラノサウルスがやって来ると、みんなが描いた恐竜は逃げて行く。

DSC_0532.JPG


7歳になってもまだ行くか、ボールプール。
DSC_0544.JPG

DSC_0558.JPG



JAバンク蔵本公園 [徳島県]

徳島市内にあるJAバンク蔵本公園でテニスをした。

子供がテニススクールに通い始めて半年。
4月からクラスが上がり、それに伴い月謝も上がり、嬉しいような悲しいような。
この前あったスクールの試合で優勝したと嬉しそうに言うが、クラス上がる前の下のクラスで出場し、4人のリーグ戦でいちばんだったというだけだし。
DSC_0515.JPG

遊んでないで練習しろ。
早くコート入れ。
DSC_0522.JPG

遊具もある公園。
DSC_0502.JPG

どこ行くかわかんない下手くそなラリーにつき合わされ、試合がしたいと言うので思いっきり手抜いてあげても負けて泣くし、おまけに1人でネット張らされ、もう母はくたくただよ。
早くうまくなってくれ。



はな・はるフェスタ [徳島県]

徳島市の新町川公園一帯で行われた、はな・はるフェスタへ。

これは毎年行われているイベントで、今年で20周年。
春の阿波踊り。
お盆の阿波踊りに比べるともちろん規模は小さいが、踊り手と距離が近いし、昼間で明るいのでぶれることもなく写真が撮りやすい。
CSC_0353.JPG

DSC_0369.JPG

最後にみんなで踊る。
DSC_0384.JPG



親子deタケノコ掘り [徳島県]

徳島市内にあるとくしま植物園で行われた、親子deタケノコ掘りへ。

徳島市が無料で開いたイベントで、抽選にはずれていたのだが、キャンセルが出たということで参加できることになった。

子供よりも私が楽しみにしていたので、はずれのお知らせが来たときは残念だったのだが、参加できて何とも嬉しい。
というのも、私は子供の頃に祖父母が持っていた山でタケノコ掘りを何度もしたことがあり、それを思い出すような感覚だったからだ。

徳島県はタケノコの生産量が全国6位で、今年は阿南市にタケノコ掘りの観光園ができた。
徳島に来たとき、スーパーでタケノコがたくさん売っており、値段も安いのでびっくりした。
大阪ではすごく高いので買ったことがなかったからだ。
なので、徳島に来てからはタケノコの下茹ではお手の物。
圧力鍋で早くて簡単。
DSC_0284.JPG

DSC_0290.JPG

みんなで掘ったのを均等にわけてお持ち帰り。
DSC_0309.JPG

連日、タケノコ料理が続いた。
帰ってすぐ茹でたら味が全然違うと言われたのでタケノコご飯にすると、今までになく柔らかくふっくらとして美味なタケノコご飯だった。
1度に全部茹でることができなかったので2日後にまた茹でたのだが、そのときのものとは格段に味が違っていた。



前の10件 | -